最近わたしの暮らしはこう
<< March 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

Don't Blame Me
話したいけど話せない。
話したいけど、相手は無言だから。

もう諦めるの。
大丈夫、うまくやるさ。

Say When
本当のそのことの、言葉の意味をわかってないんじゃないかとおもうことが多くあって、怖くなる。

社会に生きる人間、成人なんだって、こんなに感じさせられるなんて。



自分がつらい思いをしてるとか、そういう風にはおもいたくないけど、どうしたらいいか分からなくて、ただ涙がでるだけで。
I Can't Get Started
当事者の気持ちになって、紙にインクで記されていることを考えることが困難になっていた。
感受性が鈍ったと思っていた。

結局身近なひとに寄せないとその気持ちを本当に理解するなんてできないのだと。




わたしはあなたがどんなことをしたって大抵はたぶん、ゆるしてしまうよ。
たとえそれが悪いことであっても。
ただあなたがしたことによって、あなたに辱めがおよぶのがいやだから、そんな思いをしてほしくないから、だから自分の首をしめないでよ。

これ以上自分の痛みと苦しみをふやすのはやめてよ。
耐えられなかったらいえばいいじゃない。分け合えばいいじゃない。
そのために一緒にいるんでしょう?
I Waited For You
毎日決心してはやめ、決心してはやめを繰り返してる。
自分から答えをだすしか、ないんだよ。
Lester Leaps In
今まで依存してるなんて言われたことがなかった。でもそれも、いつまでなんだろう。

休もうと思っていたけど、また火曜ね、と言われてしまったから行かざるを得ないね。あの人には、弱いわたし。
Body And Soul
純粋に、会いたいと思っている。
毎日、一目会いたいと。

今日は会えていないから、わたしは明日がほしいです。
もう一度、その手を握りたいです。
Everything Happens To Me
やっぱ年上のひとがすきだ。というか、あの人がすきだ。
いい加減なところを知っていたって、やっぱり真面目に考えているところがあるのはわかっているし、そこが本当に尊敬できる。
変な風に飾らなくて、照れ屋で、ときどきでる甘え方がうまくて、安心できて、そしてその手も、大好き。

また明日ね、とかまた明後日ね、といってくれるのがうれしくて。
素直なつもりだけど、伝えているつもりだけど、わたしは違うのかもしれない。もっとこういうことばを伝えたらいいのか、正解がわからない。

If I Should Lose You
もらってばかりであげられない。
それがもどかしい。
本当に自分にはがっかりするけど、けど、ハグしてくれたのがすごくうれしかった。

本気なんだってば。
本気、なんだってば。
なんどいったら伝わるんだろう。
気が多いわたしだけど。
I Fall In Love Too Easily
先輩と2人で『わたしを離さないで』を観に行った。お互い原作を読んでいったので、観おわってからもいろいろ議論できて楽しかったなあ。
ご飯のときに、もっと自分に自信をもったほうがいいよ、と言われた。これは今まで色んなひとに言われてきたことだから、正直慣れてしまっているけど。自分を卑下することや、常に危機感をもっていることは、自分の防衛線なのかもしれないと思う。安心しきってはいけない、という。そこで自分を保っているような。
自信をもって、という言葉よりもその後に「ツイートとか普通に心配するから。」といわれたほうがなんだか心にきてしまった。ごめんなさい。あなたに、心配されてるなんて思わなかった。




手に触れて、手を見つめて、手を握って、くっついて相合傘して、軽く抱きあったりして、
もう、なんだかわかんないけど。
たぶん、いや確実に今はあのひとがすきだ。

Moon Rays
もう言葉なくとも、大丈夫なんだろうか。
言葉のない音楽ばかり聴いて、満足する日々。言葉はなくてもそこに人の息遣いや気持ちは確かにあると感じる。


好きなひとが、音楽を聴いて嬉しそうにしているところをみるのは幸せ。
好きなひとが好きだと言った曲を聴きながら、好きなひとがその曲をきいて喜んでいるところを思うと、なんだかにやけてしまう。

はっきりさせずにこのまま隣りで安心していたい。
だいすきなんだけれども。